求める人物像

 OFCFの仕事では、他の職員はもちろん、関係省庁、関係漁業団体、関係国政府関係者、研修生、各国の要人など多様な人たちと関わりを持ちます。そのため、多様な意見を調整する潤滑油的な働きが必要とされ、また公益財団法人としての目的達成のためには自分の考えを適切に伝える力も同時に求められます。

採用ページへ
OFCFホーム

臨機応変さと柔軟性

コミュニケーション力

採用ページ
OFCF ホーム

建設的思考力

〉 説明責任と透明性
〉 コミュニケーション力
〉 臨機応変さと柔軟性
〉 建設的思考力
〉 プロフェッショナル意識

プロフェッショナル意識

 OFCFは、水産分野に特化した国際協力を行う世界で唯一の組織です。水産分野に関する協力についてはプロフェッショナルであるという意識を持ち、広く深い知識の習得に日々努力する向上心と粘り強さを持つことが求められます










 主体的に新たな問い・課題を作り出して思考する力です。物事を多角的に見た上で達成すべきゴールの正しい設定、現状に足りないものや改善すべき箇所の的確な認知、改善に向け取り組むべき方法の適切な選択を行うことが出来る建設的思考力は、変化の大きい水産業界で働く上で欠かせない力です

 OFCFが協力を実施する対象国の多くは開発途上国であり、政治体制や宗教、文化、習慣の違いのみならず政情不安や地政学的リスクなど、業務を遂行する上で様々なハードルが存在します。また変化の大きい水産業においては、状況に応じて策を考え問題があればその都度軌道修正を図る姿勢が不可欠です。
 さらに普段の業務においても、出張先での突然のフライト変更や要人の来日キャンセル、プロジェクトに使用する資機材の到着遅れなど予想外の事態が起きることが少なくありません。そのようなあらゆる事態に対し冷静かつ柔軟に対応すること、そして、反省はしてもくよくよせずに前向きに考えられる朗らかさが求められます。

 私たちが実施する事業は、その予算の多くが国の資金で賄われています。事業の実施に当たっては、その資金が税金であるとの認識を持ち、公益財団法人の職員として国民に対する説明責任と透明性の確保が強く求められています。常に緊張感を持って業務を遂行しなければなりません。

説明責任と透明性